バッチフラワー療法について

バッチフラワーレメディとは

バッチフラワーとは、1930年代にイギリスの医師エドワード・バッチ博士によって開発された、心や感情のバランスを取り戻すための、シンプルで副作用や習慣性を全く伴わない癒しのシステムです。
レメディは、38種類の自然の花々から特殊な方法により抽出したエッセンスです。1つ1つの花にはそれぞれ個別のマイナス感情に効果があり、あなたの現在の心や感情の状態に応じて最大6~7種類まで組み合わせる事が出来ます。 毎日、適用量(1日4回、1回4滴)を飲むことで、次第に心の調和がもたらされます。
成分としては、水と保存料のブランデーが入っているだけですので、副作用や習慣性が全くなく、赤ちゃんからお年寄り、動物や植物まで幅広く安心して使用していただけます。 現在では、世界60ヶ国以上の国々で医療関係者から獣医、一般の方に至るまで多くの人々に利用されています。

  • やらなければ行けないことがあるのにいつも後回しにしてしまう。
  • 人前で話すのが苦手、緊張しやすい。
  • 家庭や職場の人間関係に困っている。
  • せっかちですぐにイライラしてしまう。
  • ダイエットや禁煙にいつも失敗してしまう。
  • 本当に自分がやりたいことや仕事が分からない。
  • トラウマやパニック障害がある。


こういった感情は、あくまで一例に過ぎませんが、レメディを摂ることによって次第に少しずつ落ち着きや自信が取り戻され、マイナスな感情に振り回されず客観的に自分を見つめられるようになって行きます。

バッチフラワー療法の流れ

カルテ記入

初回はカルテを記入していただきます。出来るだけ詳しくお書き下さい。

コンサルテーション(カウンセリング)

今、悩んでいる心と感情の問題に対して、お話を聴かせていただきます。
※バッチ博士が行っていた対話を通してレメディを選ぶ方法を使用します。

レメディの提案&説明

カウンセリングをもとに、現在悩まれている心と感情に対応するレメディを提案&説明させていただきます。

トリートメントボトルの作成

選んだレメディをもとにご自身のトリートメントボトルを作って頂きます。

レメディの飲み方&取り扱いの説明

レメディの飲み方、注意事項などを説明させていただきます。

5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
  • 「赤字はお休みです」
  • 「青色は淡路島釜口出張施術日です」
  • 「ミドリは横浜出張施術日です」
  • 「ピンクは新宿出張施術日です」
  • 「紫色はオーダーメイドインソール作成日です」
  • 「水色はヨガ∞気功サークルです」
  • 「黄色はイベント開催日です」